賃貸でレンタルオフィスなども流行ってきていて、ますます不動産業界は生き残り競争が激化していることがわかる

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

賃貸で生き残り競争が激化

賃貸契約は売買に劣らず不動産取引の実務上重要ですが、かつて大家と店子は親子も同然といわれていたことがありました。そして土地や建物の賃貸借において最も基本的で大事なことは当事者間の相互信頼関係で、このことは今も昔も変わりありません。祖Hして動産の貸し借りでも同じですが、20年、30年と長い年月の貸し借りとなる不動産のときとくに信頼関係が大事です。そして当事者間は信頼関係を損なうことがないように心がけることが必要ですが、これが土地の賃貸契約時の一番のポイントでしょう。そしていうまでもなく信頼関係をたもとうといったことは市場的に仲良くするといったこととは少し違い、そのことを含まないわけではないですが、当事者がそれぞれ契約の定めを誠実に履行することが中心となると考えるべきです。

たとえば借主は定められた方法で、賃料をしっかり貸主に払わなければなりません。そして貸主に無断で転賃するといったことは厳禁で、こうして考えてみれば賃貸契約を結びにあたり、一番大事なことはいかにして誠実な相手方を選ぶかにあります。そして、最近レンタルオフィスなども流行っていて、ますます不動産業界は生き残り競争が激化していることが考えられます。そして、他人が持っている不動産、他人が賃貸している不動産を何かの目的のために利用したいといったことがあれば、その持ち主や借主と交渉し承諾を得る必要があります。

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.