賃貸で契約書にはしっかり目を通し、印鑑を押すことが大事で、ペットの飼育は許可されてるところで

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

賃貸のペット飼育のことで

賃貸契約書に目を通してしっかり印鑑を押しても残念ながら契約内容を守らない方がいます。中には家賃を払っているから、こっちの都合もわかってもらいたいと開き直る方もいます。そして犬や猫を飼育してはいけないと記されていてもこっそり隠してかっている方もいます。そして、捨てられてかわいそうだったから、一人で寂しかったからといろいろな事情があるかとおもいますが、決まりはしっかり守っていく必要があります。そしてたとえ黙ってかっていても犬や猫は鳴きますからすぐばれます。そしてばれて家主から今かっている動物を手放してください。そうしないと出ていってもらうといわれて、結局また捨てることになります。

そしてこれでは拾われた動物がかわいそうですが、捨てられてかわいそうというなら、最初から犬などを変える家に住んでいる方を探してかってもらうのが最善です。そして、私のお風呂場は24時間換気システムですが、入居の時絶対に24時間換気は切らないでくださいと言われました。木造集合賃貸住宅ですが、ほかの住人の方が体調を崩される可能性があるといったことで、換気しなければカビが発生し、体に悪いといったことでいまいち納得せず換気は切らないでいました。

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.