賃貸の入居審査では、家賃の支払い能力やその人の人柄、連帯保証人がとせんな人であるのかなどがチェックされます。

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

賃貸物件申し込み後の入居審査のポイント

気に入った賃貸物件が見つかり、必要な書類をそろえて申込書と一緒に不動産会社に提出すると入居の審査が行われます。入居審査は、主にこの人に物件を貸して家賃をきちんと支払ってもらえるのか、また同じマンションやアパートの居住者とトラブルを起こすような人物でないかなどを調べるために行われます。入居審査は、入居の申込書に書かれている内容をもとにして不動産会社や家主さんが行います。また、家賃保証会社のサービスを利用して連帯保証人の代行を依頼している人の場合は、保証会社も一緒に審査を行うことになります。

賃貸物件の入居審査では、職業や勤続年数・年収、連帯保証人がどんな人か、家族などが基準になります。また、その人の人柄についての不動産会社の担当者の率直な印象も審査に影響します。不動産会社や家主さんの立場として一番知りたいのはやはり家賃の支払い能力なので、連帯保証人を引き受ける人の経済的な能力も重要視されます。物件を借りる本人だけではなく、連帯保証人になる人の収入を証明する公的書類の提出が求められることがあるのはこういう理由です。また、連帯保証人が年金生活をしているようなケースでは、保証人を2名たてることで審査に通ることもあります。

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.