賃貸物件の契約が終わり退出する時に掛かる費用とは、一体どような物があるのかをご説明いたします。

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

賃貸物件退出時にかかる費用について

賃貸物件の契約期間が終わり、退出する時には費用が掛かります。それは次に住む方の為に原状回復をしなければならないからです。どこまでの状態に部屋を戻すかというのは管理している不動産会社や家主の考え方によって違いますが、一般的に行われる原状回復とは、ハウスクリーニング・畳の表替え、襖の交換・壁紙(クロス)の張り替え・破損箇所の補修があります。

そしてもし、あなたが住まわれたお部屋に和室がない賃貸物件であれば当然、畳の交換費用などは発生しませんが、畳がある物件の場合は、使用年数に関わらずに表替えが行われると思った方が良いでしょう。和室がある物件の場合には、押し入れなどに襖が使用されているので、これも交換もしくは張り替えが必要となります。地域などによって格差はあるでしょうが、だいたい表替え1枚4000円になります。

また、原状回復でもっとも費用が掛かるのは実は壁紙の張り替えです。入居時と比べて壁紙がひどく汚れていた場合などに張り替えられる事になります。綺麗に使っていたつもりでも壁紙が汚れる原因として、自然劣化・煙草のヤニ・電化製品などによる焼けなどがあります。後は子供部屋などの落書き跡が完全に消えていない場合なども張り替えの対象となってしまいます。ちなみに壁紙張り替え費用の相場は1000円〜1300円/くらいだと思います。8帖洋室だと50000円前後は覚悟しておいた方が良いと思います。

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.