賃貸で最近一部の金融機関で頭金2割以上なら、2割未満の場合より低い金利を適用していることがわかる

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

賃貸で頭金のことがわかる

賃貸で頭金とはどの部分を言うのか整理すると、頭金といわれているのは、自己資金から諸費用を支払ったうえで物件価額に充当できる部分のことであり、貯蓄などの中で、今後の生活やイベントのためのお金は手元に残したうえで、使える金額を自己資金とし、住宅購入の際物件価額以外に登記費用や住宅ローンを借り入れるための費用がかかってきます。そして実際には新しい家の家具やカーテンを購入したり、引越しをする費用も必要となります。そして、通常こうした諸費用とは別に物件そのものに充てられる自己資金部分を頭金といっています。そして住宅購入のとき頭金を2割準備しましょうといったことがよく言われましたが、以前物件価額の8割までが住宅ローンで借り入れできる上限でした。ですが、今は物件価額全額を借入できる住宅ローンがほとんどで、さらには諸費用分の借入も可能な住宅ローンもあり、頭金あるいは自己資金がなくても住宅の購入は可能になっています。

そして、頭金はどういった役割をしているかと言えば、これが多いほどメリットが多くなり、最近一部の金融機関は頭金が2割以上であれば2割未満の場合より低い金利を適用しています。そして将来的に当初の頭金が多い方が、物件の価値に比して住宅ローンの残高が少なくなり、売却や借り換えの時にもスムーズに手続きしやすいでしょう。

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.