マンスリーマンションという短期間の賃貸物件について、その特徴や家賃について説明いたします。

賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を
賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を

マンスリーマンションという賃貸物件の特徴

マンスリーマンションという賃貸物件について概要とメリット、一般的な賃貸物件との家賃比較などについて説明いたします。マンスリーマンションとは1か月以上の滞在用の短期間賃貸物件です。同じような短期間の賃貸物件としてウィークリーマンションもありますが、マンスリーとウィークリーの違いは、借主の立場としては違いはなく、同じ企業が運営しているケースもあります。しかしウィークリーマンションは厳密にいうと旅館業になり、運営するためには旅館業法上の旅館業としての許認可が必要となります。マンスリーマンションは一般的な賃貸の契約と同様に賃貸業に則って、事前申込や入居審査が必要になります。また注意したい点としては連帯保証人も必要になる場合もありますので、確認が必要です。

マンスリーマンションのメリットとしては、家具付きで引越し作業が不要なことや、長期滞在も可能で1年を超える契約もできます。また一般的な賃貸物件のように、入居審査もある程度厳しいため、問題がある入居者によるトラブルなども回避できるという一面もあります。家賃に関しては1か月の値段は都心でワンルームタイプで10万円強くらいであり、ホテルで滞在するよりも安く、また賃貸で物件を借りる際の敷金、礼金、引っ越し費用を考慮すると、十分安い値段になりますので大変お得です。

関連サイト

Copyright (C)2017賃貸物件を探す時には目的に合わせた探し方を.All rights reserved.